cloud-initでUbuntuの起動に失敗する場合の対応

目次

何が起きたか。

Ubuntu 18.04が動いているサーバで、起動途中にcloud-init関連の処理で刺さる。

解決方法。

やることは「リカバリモードに入ってshellに入りcloud-initを無効化する」です。

1. リカバリモードの入り方

起動途中のgrubの起動オプションで「Advanced options for Ubuntu」を選択し、遷移後の画面で「(recovery mode)」のついているものを選択する。

2. shellに入る

リカバリモードに入ると「Recovery Menu」が表示されるので、「root Drop to root shell prompt」を選択。

3. cloud-initを無効にする

touch /etc/cloud/cloud-init.disabled
を実行し空のファイルを作成。
作成後はexitしてRevovery Menuで「resume」を選択。

おわりに

余計なもの(cloud-init)なんて付属させおって、って感じ。

カテゴリー:サーバ
記事作成日:2022-02-10