TSUBAME2.5の使い方(学外ログイン編)

目次

この記事はTSUBAME2.5についてのもので,TSUBAME3のものではないので役に立ちません.(2017/11/10追記)
TSUBAME3.0の使い方はこちら

学内ログイン編に続き学外ログイン編です。
前回と同じくサクッと取り敢えず使ってみたい人用です。

学外のネットワークからTSUBAMEにログインする際はsshの公開鍵方式を使う必要があります。
ですので初めてログインする際は次のことをする必要があります。

  1. 鍵を作る
  2. TSUBAMEに鍵を登録する
  3. ssh接続する際の鍵を指定する(しなくてもいいけどしたほうが楽)
ではやっていきます。
  1. 鍵の作成
    $ cd ~/.ssh
    $ ssh-keygen
    
    何やら色々聞かれると思いますが、次のように答えればいいでしょう。
    Generating public/private rsa key pair.
    Enter file in which to save the key (/home/user/.ssh/id_rsa): tsubame_rsa ←鍵の名前(好きな名前でどうぞ)
    Enter passphrase (empty for no passphrase): ←鍵のパスワード(空でも作れはする)
    Enter same passphrase again: ←鍵のパスワード(空でも作れはする)
    ...(以下略)
    
    これで鍵を作れました。
  2. 鍵の登録
    $ cd ~/.ssh
    $ cat 鍵の名前.pub
    
    を叩くと先ほど作った鍵のうち公開鍵が表示されます。
    pubが公開鍵で、拡張子が何もついていないのが秘密鍵となります。 東工大ポータルにログインし、「TSUBAME2.5 利用ポータル」→「SSH公開鍵アップロード」と進みます。
    テキスト入力欄に公開鍵をコピペ
    既にテキスト入力欄に鍵が表示されている場合でも、それに続けて追記すればいいです。
    コピペできたら「アップロード」を押して登録完了。
  3. ssh接続する際の鍵を指定
    ~/.ssh/configを編集します。ない場合は新規作成です。お好きなエディタでどうぞ。
    $ vi ~/.ssh/config 
    
    以下を追記します。
    Host tsubame
            HostName login-t2.g.gsic.titech.ac.jp
            User 14BXXXXX(ユーザー名)
            ~/.ssh/鍵の名前 (.pubではない)
    
    これで鍵の指定は終わり。

接続するときはこんな感じ。

$ ssh tsubame
sshの引数に上で書いたHost XXXのXXXの部分を書けばいいです。
パスワードは鍵を作ったときのものです。
カテゴリー:TSUBAME
記事作成日:2017-05-30