TSUBAME2.5の使い方(学内ログイン編)

この記事はTSUBAME2.5についてのもので,TSUBAME3のものではないので役に立ちません.(2017/11/10追記)
TSUBAME3.0の使い方はこちら

このサイトはさくっと取り敢えずTSUBAMEを使ってみたい人用に書いたものです。
しっかりと使い方を知りたい人はGSICのページ あたりを読んでみるといいでしょう。

学内(TokyoTech等)からログインする際はsshのパスワード認証で入れます。 MacやLinuxであればターミナル、WndowsであればCygwinとかBash on Windowsなどでいいでしょう。

ssh -l 14BXXXXX(ユーザー名) login-t2.g.gsic.titech.ac.jp
を叩き、パスワードを入力すると接続できます。

ログインした場所は主にデバッグなどをするノードで、実際に計算を行わせたい場合はバッチキューへのジョブの投入を行います。

また、パスワードの設定は東工大ポータルの「TSUBAME2.5ポータル」でできます。 パスワードには有効期間があり、168日を経過するとパスワードの変更を求められます。

カテゴリー:TSUBAME
記事作成日:2017-05-30