ラズパイにArchLinuxをインストール

目次

[過去の記事]

言い回しが少し変な気がしますがタイトル通りArchLinuxをインストールします.
キーボードやロケーションの設定は後で書きます.

インストール作業環境

OS ArchLinux
microSDの読み書き PCに内蔵されたリーダーに差し込む

インストール

基本的には こちらにそってインストールします.

作業に必要な物をインストール

mkfs.vfat,wgetを使うので入っていなければインストールします.
pacman -Syy wget mkfs.vfat

パーティションを切る

fdiskで分けていきます
fdisk -l
などで容量を見てどれがインストール先のmicroSDなのかを見つけます.
見つけたら/dev/**の部分を覚えて
fdisk /dev/**
とコマンドを実行.
fdiskのコマンドを受け付ける状態になったら
  1. oを入力して既にあるパーティションを全て削除
  2. pを入力してパーティションがないことを確認
  3. n,p,1の順に入力し、fisrst sectorを聞かれたらdefaultでいいので何も入力せずにenter.
    last sectorは+100Mと入力して100MBのパーティションを作る.
  4. t,cの順に入力して先ほど作ったパーティションをW95 FAT32 (LBA)にする.
  5. n,p,2の順に入力し、fisrst sectorを聞かれたらdefaultでいいので何も入力せずにenter.
    last sectorもdefaultでいいので何も入力せずにenter.
  6. wと入力してパーティションをmicroSDに反映させる.
これで100MBのパーティションと残りの容量のパーティションができました.

ファイルシステムの作成とマウント

適当な作業用ディレクトリ(なければ作るのがいいかも)で作業します.
  1. 100MBの方をFATにしてbootにマウントします.
    mkfs.vfat /dev/**1
    mkdir boot
    mount /dev/**1 boot
    
  2. 残りの方をext4にしてrootにマウントします.
    mkfs.vfat /dev/**2
    mkdir root
    mount /dev/**2 root
    

ファイルの書き込み

  1. 書き込むファイルのダウンロード
    普通にwgetでぽいっと.
    wget http://archlinuxarm.org/os/ArchLinuxARM-rpi-2-latest.tar.gz
    
  2. rootディレクトリに展開
    bsdtar -xpf ArchLinuxARM-rpi-2-latest.tar.gz -C root
    
    オプションは
    x 上書き展開
    p パーミッションを変えない
    f 展開するファイル名の指定
    C 展開先指定
  3. で、データを同期させる.
    sync
    
  4. **2のroot/bootを**1のbootに持っていく.
    mv root/boot/* boot
    
  5. アンマウントして終わり
    umount boot root
    

ラズパイに挿す!

出来上がったmicroSDカードをラスパイに入れてキーボードとモニタとLANケーブルを繋げて電源を入れる(電力を供給すると勝手に電源が入る)
いろいろ文字が流れていって少しするとユーザー名を聞かれるので次のどちらかのユーザー名とパスワードを入力する.
ユーザ名 パスワード
alarm alarm
root root

あとがき

書くことないです.
カテゴリー:サーバ
記事作成日:2017-05-31