おれおれBeamerテーマ作り

目次

この記事が何であって何でないか

この記事はbeamerのthemeを作るには何をどのようなファイル名で書けばいいかの概観を書いたもので、それぞれのファイルの細かい設定について書いたものではありません。
後者が知りたい場合はGitHubで適当なbeamer themeを漁ったり、私の作ったもので良ければbeamertheme-iceberg / enp1s0 - GitHubを見てみてください。

やること

Beamerテーマ作りでやることは大きく分けて2種類で、

  1. 配色の指定
  2. レイアウトの指定
です。
それぞれデフォルトのテーマを使う場合は行う必要はありません。

また、先立ってテーマ名を決めます。
今回はテーマ名をsmallcatと仮定します。

beamertheme-iceberg / enp1s0 - GitHub に私が以前作ったテーマがおいてあります。
今回のサンプルコードはこのコードから抜粋し改変したものです。

配色の指定

ファイル名をbeamercolorthemesmallcat.styとします。
やることは

  • 色の定義
  • テーマに設定
です。

例えばこんな感じ。

レイアウトの指定

frameやtitleのレイアウトの指定を行います。
ファイル名をbeamerthemesmallcat.styとします。
例えばこんな感じ。

frameタイトルのフォントサイズなど、フォントサイズに関わる部分を別ファイルにすることもあります。

テーマを使うには 例えば、styファイルをソースコードと同じディレクトリに置いて としたり、ソースコードが別のディレクトリにある場合は として読み込みます。

おわりに

自分の好きな配色・デザインのbeamerthemeを作っておくとスライドづくりがより楽しくなりますねー。

カテゴリー:LaTeX
記事作成日:2020-06-19